ダービー一覧
2013イトウダービー
  icon_starルアー部門
  icon_starフライ部門


その他釣行シーン 2012イトウダービー
ランキング公開中!!
 詳細はこちら


2011年東北大震災応援ナマズダービー
ランキング公開中!!
 詳細はこちら


2010年トラウトダービー
ランキング公開中!!
 詳細はこちら


2009年雷魚ダービー
ランキング公開中!!
 詳細はこちら


2009年鯰ダービー
ランキング公開中!!
 詳細はこちら


2009年鯉ダービー
ランキング公開中!!
 詳細はこちら


2009年アメマスダービー
ランキング公開中!!
 詳細はこちら


石狩川イトウの会サイト
石狩川イトウの会公式サイト
石狩川イトウの会公式サイト

URLはhttp://ishikarigawa.jp/
イシカリガワドットジェーピー
です。
よろしくお願いします!
カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
石狩川イトウの会ブログQRコード
携帯で読み取って
QR
Bookmark登録をお願いします
ランキング応援して!
人気ブログランキングに参加しています!
ぴこっと!石狩川のイトウに応援をお願い致します!
ポチッと
押して応援してください!

1日1回投票でき、
イトウの会のランキングが
毎日上昇します!

活動が全国の人たちに
広まるように!

記事を読んだら、
面白かったら、
共感できたら押してください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加で啓蒙中!
1日1回、下のピコピコイトウさんを必ず押してくださいね!

こちらをぴこっと応援よろしくお願い致します、人気ブログランキング参加中!!
スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
羆塾-ひぐまじゅくレポート:vol.004
2009羆塾れぽ1

前回のお話羆塾-ひぐまじゅくレポート
vol.003はこちら vol.002はこちら vol.001はこちら

クマ先生いわく、

まずは会わないで済めば一番良いですね、確かに!


クマと出会ったらどうするか

よりも、まずは

クマと出会わない工夫をする
ことが一番のトラブル回避法なのだそうです。

たとえばそれは、

クマが出ている場所に行かない、ってのもそうですが

クマが人里に近づかないように、人間が気を使う、


ということも入っています。



だからといって
釣りはガマンできませんし・・・
アウトドアしちゃいけない、ってワケではないのです。

むしろ

自然での遊びがちゃんとできるヒトと場所がもっと増えなくちゃ!



ムズカシイように思えるけど

ほんのちょっと気をつけるだけで

クマと出会う確立はグッと減るようですよ!


まずは

1.ヒグマのことを身近な存在として知っておく!


ヒグマのキホンは
喰う寝る遊ぶ。

食いしん坊で知りたがり屋さん、
そして頭もなかなかカシコイ生き物のクマ。

パワーは人間なんて足元にも及びません(ーー)


あなどっているとタイヘンな目にあう
と一目置くべきなのだと思います


人間が敵わない動物なんてホントはたくさんいるよな・・・



そもそも、

山菜取りや釣りや山が大好きで

自然に入っていくようなワタシたち人間は、

アウトドアをナメない心構えは大事ですね!

もっと肝を据えて遊ばないといけない気がしませんか??





2.ヒグマが近くにいるかも?と思って行動する!



よく、釣り場で夢中になって竿を振っていると・・・
夢中になっていると・・・

さらに夢中になっていると
・・・・・。

なにか視線を感じる?!
ふと、



誰か見てた気がする気がする!!

・・・山の奥から

結構感じることがあり、キンチョーします。
視線を感じることがありませんか・・?

こういうときは実際

自分が何も見なかったとしても、
本当に、

クマが見ていたのかもしれません。


・・いやもしかしたら
このポイントに入ろうとした別の釣り人さんが
チックショーと思ってにらんでるのかもしれないけど・・
それも後ろから落とされそうで怖いけど・・・

大事な事は

クマは自分が思っている以上に身近です。
クマに出会うワケがない、クマなんて出るワケないじゃん、

・・・なんて決して思わないこと!



ヒグマは本当に思っている以上に身近(!)なので

次回は

ヒグマの隠れた(本当に隠れてます・・)習性や
嗅覚・視力についてもお伝えしてみます!

ヤブがガサガサしたとき鹿とクマを見分ける
興味深いお話もお届け予定です~



(^^)/それではまたお会いいたしましょう





今夜もおつき合い本当にありがとうございます!
・・・しかもこんな遅くに・・(´`)っっ

ぴこっとたのむべあー!
ぴこっとたのむべあー!

お帰りの前にぴこっとお願いいたしま~す!




スポンサーサイト

ブログランキング参加で啓蒙中!
1日1回、下のピコピコイトウさんを必ず押してくださいね!

こちらをぴこっと応援よろしくお願い致します、人気ブログランキング参加中!!
お報せ・情報・・ | 【2009-02-28(Sat) 00:14:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
羆塾-ひぐまじゅくレポート:vol.003
2009羆塾れぽ1

前回のお話羆塾-ひぐまじゅくレポート
vol.002はこちら
vol.001はこちら

ヒグマさんが近頃冬でも冬眠しないなんて、
釣り場でもウカウカ出来ませんね(ーー)


その冬眠しない理由ですが
一つは
蝦夷鹿蝦夷鹿蝦夷鹿蝦夷鹿
鹿が増えていることなんです。

いやホント増えてますよね・・・

道東なんかへ釣りに出かけるとしかしかいない。

こんなのを見ます。
っていうか鹿がこっち見てます。


何だってこんなに鹿が増えているのか
くわしいお話は後日クマ先生に聞いてみようと思います。



でもシロートのワタシが考えてみても

年々冬でも暖かくなっている気がするし、
(昔は鹿が凍死するって結構あったと聞きます)

昔よりも山が少なくなって農地が多いし、

鹿だって食べ物に困らなくなってきているのかもなぁ
って思います(ーー)


クマッタクマッタ。

温暖化でシロクマは減っているのに

ヒグマは増えちゃったりするのでしょうか?

世の中うまくいかないものです・・くまったものです

ですが
しかたがないやつはダレだ?!

しかたがない

とは言ってはいけませんね!

これも
誰のせい?
日ごろのニンゲンの行いにほかならないからです。


だけど
コレは困る。
じゃぁニンゲンが
クマに食べられてあげればいい


ってもんじゃ、ありません。


どうすればクマとのトラブルを避けられるのか?


ヒグマさんの事情も考えながら

ヒグマとの付き合い方について

次回は迫ってみたいと思います!


釣り場でクマに出会わない工夫、

出会ったらどうすればいいのか


というのも、これからお届けしたいと思います~


では次回をお楽しみに!!


今夜もおつき合いありがとうございます!

ぴこっとたのむべあー!
ぴこっとたのむべあー!

お帰りの前にぴこっとお願いいたしま~す!





ブログランキング参加で啓蒙中!
1日1回、下のピコピコイトウさんを必ず押してくださいね!

こちらをぴこっと応援よろしくお願い致します、人気ブログランキング参加中!!
お報せ・情報・・ | 【2009-02-25(Wed) 22:45:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
羆塾-ひぐまじゅくレポート:vol.002
みなさまコンバンワ!
羆塾レポート・今夜もおつき合いくださいませ!

2009羆塾れぽ1

どうやらヒグマというものは
きっと考えている。・・・と考えているワタシは賢いのでしょうか。

ニンゲンが考えている以上にいろいろお考えになっているらしい・・・

と、いうことが分かりましたが、

誰かが教えるわけではないのに

なぜ、そういうことが出来るんでしょう??





その理由の一つが、

実は、睡眠にあるらしい!


・・・あっ、そういえば

ヒグマが寝る、

といえばやっぱり冬眠・・!?

きっと誰しも一度は冬眠したいって思ったことがあります


と思いましたが

冬眠するから賢いワケじゃないんです




なんとクマも、
レム睡眠という、ニンゲンと同じようなメカニズムで寝ています。

夢をみるのは賢いしるし・・?



レム睡眠常態のときによく夢をみている、

というお話をみなさんも聞いた事があると思いますが

この夢をみている常態のときに、脳ミソは記憶を整理したりして

頭にちゃんとインプットさせているそうですよね!


ヒグマたちも、
それでたくさんの興味のあることを、
ちゃんと覚えられているんです。



いつかニンゲンより賢くなるのかしら
いつかニンゲンより賢くなるのかしらね。。。



でもヒグマといえば、
やっぱり冬眠のことが気になりますよね。。。



我が家は釣りが好きなので、

山川でいつクマに会っちゃうんじゃなかろうか、と

いつも心のどこかで心配しています・・・



でも、
雪がしっかり積もった真冬の頃の釣りだと、
誤っていた我が家

きっともう冬眠してるから大丈夫かな!

って思ってました。




本当はクマは冬でもいる!!!

でもそうじゃないんですよ!



えー!?


そう・・・実は近年、

冬だからといって、
必ずしもヒグマは冬眠するわけじゃないんだそうです(@@)


寒いから冬眠するんだろうな、


ってワタシは思ってたんですけど

実はそれも違うみたいなんです


じゃ、

なんで冬眠するのでしょうか?



それは
食べ物がなくなるから。

ニンゲンは食材がないからといって冬眠しちゃいけません
※ニンゲンはチャンと買い物にいきましょう



その昔、真冬の北海道では本当に食べ物が無かったので
大体のヒグマは冬眠していました。


だから冬=クマはいないって
思われたんでしょうねー

だけど最近、冬になってもクマの食べ物がけっこうあるんです。。。


北海道といえども、
超自然豊かな野性天国、って感じにはとても思えないのに

どうしてなんでしょう?!


明日はそのヒグマの食べ物事情からレポートいたします!



では

今夜はワタシもこのへんで。。。。
ぐんなーい(good night)
▼前回のお話はこちら▼
●羆塾-ひぐまじゅくレポート:vol.001





ブログランキング参加で啓蒙中!
1日1回、下のピコピコイトウさんを必ず押してくださいね!

こちらをぴこっと応援よろしくお願い致します、人気ブログランキング参加中!!
お報せ・情報・・ | 【2009-02-24(Tue) 22:52:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
羆塾-ひぐまじゅくレポート:vol.001

みなさまこんばんわ!ぱみこと申します。
昨日2/23の羆塾で学んだ、驚くべきヒグマのお話をリポートさせていただきます!

pami_001
クマ先生のお話をちゃんとお伝えできるか心配ですが、

まずは楽しく読んでいただければコレ幸いです!

それでは

本日09/02/23から連夜でお届けします!

2009羆塾れぽ1
羆塾(ひぐまじゅく)レポート第一弾、はじまりはじまり~

ヒグマってなにを考えているか?

考えたことがあるでしょうか・・・

なんと

食う】【寝る】【遊ぶ


ヒグマの生活のキホンなんだそうです。

・・・われわれニンゲンも、
ヒグマと変わらないことを考えている気もしますね・・

素晴しき哉人生。

・・・ですが
この3つがおびやかされるって、
私たち人間も、とてもとても、困ること
ですよね!


喰う寝る遊ぶ。

そのヒグマの生活が近年、心配なことになってきているようです(´`)
昔から、ヒトとクマとの間で、色々事故があったとは聞いてはいたけど。。。

ここでイッチョ、

クマとの付き合い方を、
地球上でもっとも賢い人類が考えよう!

ということなのですが






実際、
ヒグマはどのくらい頭が良いんでしょうか?

・・・??


食う寝る遊ぶ、
だからカンタンなことを考えていると思ったら大間違い!

なんと
クマ先生のお話によると
名犬。

犬と

さる、猿。

猿の間くらい
カシコイらしいのです!



いまいちピンと来ないかも知れませんが
たとえば
馬。
お馬さん。

人を乗せたり畑を手伝ったり、あんなことや

こんなことも
お手。



できるくらいなので
なかなかの、知能です。




もしも、
もしも・・・こんなもの
もしも、こんなものに出会うと・・・



お馬さん、びびる。

お馬さんはもう
怖くて怖くてご乱心します。
だいたいそのあとは、本能のままに逃走。


ところが

ヒグマはというと、

くまが見たら・・・

さらに見にきて。。。

こういうことになる感じ。

向こう側にナニがあるのか?
と思ったら、確かめられずにはいられないらしい。

タイヘンな知りたがり屋さんなのです。


きっと
きっと考えている。・・・と考えているワタシは賢いのでしょうか。
このくらいは考えているにちがいない!

と、ワタシは思いましたよ!


わわっ!

もう23日を過ぎてしまいましたね!(@@;)
【食う】も終わったのでそろそろ【寝る】とします・・・

というワケで

明日の夜はクマさんの眠りに関する
ビックリな発見から始まります!


ではまた明日お会いしましょう!(^^)/



 vol.004はこちら vol.003はこちら vol.002はこちら


ブログランキング参加で啓蒙中!
1日1回、下のピコピコイトウさんを必ず押してくださいね!

こちらをぴこっと応援よろしくお願い致します、人気ブログランキング参加中!!
お報せ・情報・・ | 【2009-02-24(Tue) 00:30:00】
Trackback:(0) | Comments:(2)
第2回 石狩川イトウの会〝 市 民 講 座 〟
羆 塾
釣り人のためのヒグマ対策、意外と身近なヒグマを知ろう


主催 : 石狩川イトウの会
後援 : 石狩川エコミュージアムを考える会

講師:岩井基樹氏
特別講師:大光明 宏武 氏
場 所:大麻公民館
   江別市大麻中町26-4 (大麻出張所2階)
日 時:2009年2月22日
  開場13:30 開演14:00


★参 加 費 無 料★


 ※ お問い合わせは下記まで

事務局 江別市大麻桜木町21-14 ( 喫茶BIGFOREST内 ) 080-5591-7375 大林



岩井 基樹 氏
・東京都出身 紋別郡遠軽町丸瀬布在住
・北大雪でヒグマとの共生を現場主義で研究
・北海道大学 理学部に入学後 「川と森」をテーマに研究を始める
・大学在学中に北米大陸に渡り研究を続ける
・2004年頃から本格的にヒグマに特化した活動に専念する
・ヒグマの動向調査(踏査による痕跡調査/GPSによるGIS化)
・遠軽町「ヒグマ対策パンフレット」作成、同「看板」作成など
・「若グマ」の人間忌避教育 (調査を基にした絞込み・意図的遭遇からの「追い払い」導入)など)
各フォーラムなどでの講演活動
「ヒグマ・フォーラム in 遠軽町」主催:遠軽町(2007年4月)
「フライフィッシャーのためのヒグマ対策」主催:FlyFishingFesta2008.AKAN(2008年5月)
「丸瀬布のヒグマの動向から見る~担い手の将来像」ヒグマの会クマフォーラム(2008 in 興部)
文筆活動-2005年より調査を元に執筆中


大光明 宏武 氏
・東京都出身 空知郡南富良野在住
・酪農学園大学 環境システム学部地球環境学科 研究生
・3歳ぐらいから釣りを始め小学生でサケ科魚類の研究を志し、その後酪農学園大学に進学
・大学在学中にサケ科魚類のイトウに出会う
・2004年より空知川上流域におけるイトウの繁殖生態、生息状況、稚魚の生育環境等に関する調査研究を行う
・2004年より「尻別川の未来を考える オビラメの会」にて尻別川のイトウ個体群復元のためのモニタリングを担当
・2008年より空知川上流域(南富良野町)で「ソラプチ・イトウの会」の事務局を担当




ブログランキング参加で啓蒙中!
1日1回、下のピコピコイトウさんを必ず押してくださいね!

こちらをぴこっと応援よろしくお願い致します、人気ブログランキング参加中!!
お報せ・情報・・ | 【2009-02-19(Thu) 00:20:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
リンク、相互リンク募集!
相互リンク集はこちら
石狩川イトウの会blog色々
石狩川イトウの会ブログを楽しむ!
イトウの会ブログを楽しむブログパーツ設置してみました

より長く釣りを楽しむ為に!
自分のゴミはもちろん、
他人のゴミも、持ち帰ろう!
このバナーを広めていく
という企画を始めました。
詳しくはバナーを
クリックしてみて下さい。
携帯電話でも毎日チェック
QRコード
メールフォーム
ご意見ご感想や、入会その他ご質問など、お気軽にメールしてください。

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

itounokai

Author:itounokai
FC2ブログへようこそ!

管理画面
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。